5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

音楽の門

1 :名無しサンプリング@48kHz:02/01/05 20:17 ID:Uf2nG/uo
音楽とは何ぞや?というプリミティブな問いを改めてしたいと思うわけです。
そこから音楽の門をくぐって、その中にこのスレを読む皆を入らしめようというのです。
その方法を、哲学的に、DTM的に語りあって意見を交換することは、誰しもにとって有用であると考えます。

61 :名無しサンプリング@48kHz:02/04/14 22:06 ID:E8p+kPP+
>>59
ジャイアンが優しい口調で教えてくれるんで、すごく嬉しかった。

62 :名無しサンプリング@48kHz:02/04/20 16:38 ID:dqvCRYsR
くそすれ上げ

63 :名無しサンプリング@48kHz:02/04/20 16:40 ID:cb1kBpGP
>>61
ジャイアンだって客と上司にゃ丁寧語よ。分かったか!?

64 :名無しサンプリング@48kHz:02/04/20 17:23 ID:ew39X3Qt
ジャイ子だと思ってた。。。

65 :太宰治虫 ◆Osam3ZBE :02/04/28 01:18 ID:7+H87HLt

                  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\   ./               (巛ミ彡ミ彡ミ彡ミ彡ミ彡)ミ彡ミ彡)ミ彡)
    /   ,∨∨∨∨∨  . /               (巛ミ彡ミ彡ミ彡ミ彡ミ彡)ミ彡ミ彡)ミ彡)
  /  /  /   \ |    ̄l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄,,从.ノ巛ミ    彡ミ彡)ミ彡ミ彡ミ彡)ミ彡)''"
  |  /   ,(・) (・) |     |    l ̄ ̄ ̄l 人ノ゙ ⌒ヽ         彡ミ彡)ミ彡)ミ彡)'
   (6      ⊂⊃ |     |    ,,..、;;:〜''"゙゙       )  从    ミ彡ミ彡)ミ彡,,)                  |
   |    ___l_,,..、;;:〜-:''"゙⌒゙          彡 ,,     ⌒ヽ      彡"┬┬┬┬┬
   |     \__:゙:゙                     '"゙          ミ彡)彡" ┼┼┼┼
 /|         ``゙⌒`゙"''〜-、:;;,_              )   彡,,ノ彡〜''"   ,,ミ┼┼┼┼┼
                      ゙⌒`゙"''〜-、,,    ,,彡⌒''〜''"人 ヽノ,,ミ
                             "⌒''〜"


66 :名無しサンプリング@48kHz:02/04/30 19:15 ID:zjGUMvTz
   /つ /つ
   / /__/ /
  (ノノ~ヾ)
  ( ;・D・)
 ⊂ _<∞>⊃
 ○( \ノ|
   | ノ ノ
   (__ノ__)


67 :名無しサンプリング@48kHz:02/04/30 19:20 ID:zjGUMvTz
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    /   ,∨∨∨∨∨
  /  /  /   \ |
  |  /   ,(・) (・) |
   (6      ⊂⊃ |
   |    ___l_,|   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   |     \__/ /  <  こんな良スレ下げちゃいけないと思うんです
 /|         /\   \________



68 :名無しサンプリング@48kHz:02/04/30 19:24 ID:zjGUMvTz
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    /   ,∨∨∨∨∨
  /  /  /   \ |
  |  /   ,(・) (・) |
   (6      ⊂⊃ |
   |    ___l_,|   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   |     \__/ /  <  最近のお薦めサイトを紹介します。
 /|         /\   \________
ttp://www.dovesong.com/MP3/MP3.asp

69 :名無しサンプリング@48kHz:02/05/19 22:17 ID:y1DCicLi
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    /   ,∨∨∨∨∨
  /  /  /   \ |
  |  /   ,(・) (・) |
   (6      ⊂⊃ |
   |    ___l_,|   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   |     \__/ /  <  こんな良スレがdat行きだなんてありえないと思うんです
 /|         /\   \________


70 :名無しサンプリング@48kHz:02/06/02 11:05 ID:Xb5/Vsvw
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    /   ,∨∨∨∨∨
  /  /  /   \ |
  |  /   ,(・) (・) |
   (6      ⊂⊃ |
   |    ___l_,|   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   |     \__/ /  <  こんな良スレがdat行きだなんて絶対ありえないと思うんです
 /|         /\   \________


71 :名無しサンプリング@48kHz:02/06/03 13:33 ID:px1jRQTE

    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    /   ,∨∨∨∨∨
  /  /  /   \ |
  |  /   ,(・) (・) |
   (6      ⊂⊃ |
   |    ___l_,|   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   |     \__/ /  <  65のAAが面白いと思うんです
 /|         /\   \________

72 :名無しサンプリング@48kHz:02/06/06 00:01 ID:dtbonh/5

    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    /   ,∨∨∨∨∨
  /  /  /   \ |
  |  /   ,(・) (・) |
   (6      ⊂⊃ |
   |    ___l_,|   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   |     \__/ /  <  日本が予選を通過して欲しいんです
 /|         /\   \________


73 :名無しサンプリング@48kHz:02/06/09 23:59 ID:1ma1MqpF
      ,;i|||||||||||||||||||||||||||||||ii;、         _/
     /||||||||||||||||||||||||||||||||||||||ii;、        \
  / ̄ ̄\||||||||||||||||||||||||||||||||||||ii;゙ヽ,      /
'" ̄ヽ     ヽ!!||||||||||||||||  ||||||||||!!"ヘ     <  ロマンティックageるよ
ヽ          ゙!!!||||||||||||  |||||||!!   iヽ── /
|||l            ゙゙ヽ、ll,,‐''''""     | ヽ|||||||||ロマンティックageるよ
|||l     ____   ゙l   __   \|||||||||  
||!'    /ヽ、     o゙>┴<"o   /\   |'" ̄| ホントの勇気 見せてくれたら
\  /  |ミミヽ──‐'"ノ≡- ゙'──''彡| |、 |   |
   ̄|    |ミミミ/" ̄ 、,,/|l ̄"'''ヽ彡|| |、/   / ロマンティックageるよ
 ヽ、l|    |ミミミ|  |、────フヽ |彡l| |/  /_
  \/|l    |ミミミ| \_/ ̄ ̄フ_/  |彡|l/    ̄/ ロマンティックageるよ
  \ ノ   l|ミミミ|  \二二、_/  |彡|      フ  
    ̄\  l|ミミミ|    ̄ ̄ ̄  |メ/       \トキメク胸に キラキラ光った
    | \ ヽ\ミヽ    ̄ ̄"'  |/        /
    /  \ヽ、ヾ''''ヽ、_____//       /_夢をageるよ
  /  ヽ ゙ヽ─、──────'/|         ̄/
. /       ゙\ \     / / \__
   ───'''" ̄ ̄ ゙゙̄ヽ、__,,/,-'''" ̄   ゙''─

74 :太宰治虫 ◆Osam3ZBE :02/06/10 00:28 ID:SRem0VI/
激しくhttp://www.flora21.com/minami/trend/warata/sub1.htm

75 :名無しサンプリング@48kHz:02/06/16 10:56 ID:jifTqP8M
コソーリ

76 :名無しサンプリング@48kHz:02/06/21 20:22 ID:UPSQ6fGx
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    /   ,∨∨∨∨∨
  /  /  /   \ |
  |  /   ,(・) (・) |
   (6      ⊂⊃ |
   |    ___l_,|   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   |     \__/ /  <  こんな良スレ下げちゃいけないと思うんです
 /|         /\   \________

77 :停止 IP1A0130.oky.mesh.ad.jp書けませんよ:02/06/22 12:07 ID:UN/xT5c3
真・スレッドストッパー。。。( ̄ー ̄)ニヤリッ

78 :名無しサンプリング@48kHz:02/06/22 12:16 ID:tOk72JhV
陸奥の業は無手よ・・・

79 :名無しサンプリング@48kHz:02/06/22 12:22 ID:SmJg7UZ9
愛だ勇気だ言うなよ。
もうその言葉には飽きたんだよ馬鹿

80 :名無しサンプリング@48kHz:02/06/23 00:10 ID:pwBSRkyl
>>77
本  気  で  し  た  か  ?

81 :名無しサンプリング@48kHz:02/06/30 18:25 ID:iwtXjdL6
. 、___________
  、>              .|
  >________   .|
   ̄   .|./_   _\ |   |     ____________
      | /  ヽ/  ヽ |  |     /
.      | |   ・ | ・  |  V⌒i    |  まだこのスレに目を通してない全国のちびっこ達のために
   _  |.\  人__ノ   6 |  <
   \ ̄  ○        /    |      ここは思い切ってageます!!
.     \          厂     \
     /  _____/          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      ̄ ̄, -/へ/\/`- 、
       /./  ./o    i. \

82 :名無しサンプリング@48kHz:02/06/30 18:29 ID:iwtXjdL6
. 、___________
  、>              .|
  >________   .|
   ̄   .|./_   _\ |   |     ____________
      | /  ヽ/  ヽ |  |     /
.      | |   ・ | ・  |  V⌒i    |  このスレを熟読することによって豊かな表現力と
   _  |.\  人__ノ   6 |  <
   \ ̄  ○        /    |      むせかえるような狂気をgetして下さい!!
.     \          厂     \
     /  _____/          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

83 :(*´ε`*)ちゅきちゅき:02/07/03 17:23 ID:ez/tn9wA
ヒカたんと電話でお話しました。
「ヒカたんはどんな男の人が好きなの?」って聞いたんです。
そしたら「視野の大きい人が好き」って言ってました。
僕も視野の大きな男になってヒカたんに好かれていっぱいチュチュしたいです。
ヒカたんに「視野大きくするからいっぱいいっぱいチューチューしていい?ヒカたん、いい?」
って聞いたんです。
そしたら「もう、(*´ε`*)ちゅきちゅきたん、知らない!」って電話切りました。
ヒカたんは照れてます。
きゃわみゅにゅいドキドキハートのピコピコ女神ですヒカたんは。
あああああああヒカちゅきヒカちゅきヒカちゅきちゅきちゅきたん・・・
チューしてチューしまくりたいヒカちゅきたん(*´ε`*)キッチュキッチュ・・・ミュミュミュ

84 :1:02/07/04 07:09 ID:RFJ664Gk
まだあったのか…。
sageでDTMサイコホラー小説「ビッチの仇討ち珍道中」を連載してもいいですか?

85 :1:02/07/04 19:20 ID:7rkVMlCO
DTMサイコホラー小説「ビッチの仇討ち珍道中」

1:白珍は殺された。でも、何故…。
1−1 ビッチは白珍を嫌いではなかった。どちらかと言えば好きだった。愛していたのかも、と思う。
 白珍にならあげても良かった。むしろ白珍と獣のように愛し合いたいと常々考えていた。
だが白珍の死んだ今となってはかなわない。

 白珍は中国の前途有望な技術者であり、発明家であった。電気オルガンを越える電子楽器をつくるのが彼の夢だった。
白珍は研究のためイギリスに渡り、ビッチに出会う。

 ビッチが白珍に出会ったのは8歳の頃。白珍は当時32歳だったはずだ。

86 :1:02/07/04 23:25 ID:E5IHf3QI

1−2 ビッチはマンチェスターの貧しい工場労働者の家に生まれた。6歳のとき家系を救う為に
場末のバーに奉公させられた。幸いビッチは愛らしい容姿と、すばらしい音感を持っていたため、
毎日ステージに立って歌うことを仕事にできた。仕事のできない少女たちは極悪非道なマスターによって
客を取らされたり、酷いときには変態肉屋に売り飛ばされたりしたのだ。

 ビッチは7歳の誕生日から仕事が終わってから、専属演奏者のキャロラインにピアノを教わるという楽しみを得た。
キャロラインはビッチの優れた才能に目をつけたので、無償でレッスンをつけることを厭わなかった。

87 :名無しサンプリング@48kHz:02/07/04 23:37 ID:/9guZ1mN
またなんか始まったよ・・・。

88 :1:02/07/05 07:57 ID:LvlUhQtv
>>87 応援サンクス

1−3 そんな折、白珍がこのバーを訪れた。その夜は試みに、ビッチがピアノ奏者を代役していたのだ。
ビッチははじめて見る東洋人が気になって仕方がなかった。黒い瞳は優しげな光をたたえていた。

 閉店間際に白珍に声をかけられたのだ。
「お譲ちゃんはピアノが上手だね。誰に教わっているんだい。」
「キャロラインさんよ。ところでおじさんはいったい誰なの。」
「おじさんは怪しいものじゃないよ。君のお母さんに頼まれて君を迎えに来たんだ。」
「わあ、うれしい。早く行きましょう、おじさん。」
ミッキーはようやく家に帰れるのだと思った。ピアノを教わることができなくなるのは残念だが、やはり家族
と一緒に暮らしたい。きっと、少しはましな生活を送れる見通しがついたのだろう。
ミッキーはこれから始まるであろう新しい生活に喜びを隠せない様子で、白珍のあとをぴったりとついていった。

89 :太宰治虫 ◆Osam3ZBE :02/07/05 23:53 ID:KOufu1Q/
続けてください

90 :1:02/07/06 05:29 ID:E955oVjd
1−4 しかし、新しい生活などありはしなかった。
そのうえ、ビッチには路地裏の倉庫に連れられ、そこに入ってからの記憶がなかった。気がつけばバーの自室にいたのだ。
眠っていたわけでもなく、ただ呆然と立ちつくして。口の中がひどく鉄臭かった。
鏡で見ると歯が血で染まっていた。しかし、口内に怪我はないようだった。
天真爛漫なビッチは深く考えないことにしてさっさと寝てしまった。

次の日にバーに警察がやってきた。ビッチはとうとうマスターの悪事がかぎつけられたのだと思い、自分が仕事を失ってしま
うことにおびえながら物陰から警察とマスターとのやりとりを見ていた。
しかし、どうやら警察は聴き込みに来ただけのようだった。
「倉庫で東洋人が……、……噛み切られて…、…目撃者によると……女の子が…」

なんのことだかビッチにはさっぱりわからなかった。しばらくすると警察は帰って言った。
マスターはビッチを呼びつけると、「おまえみたいなややこしいやつ、ここにはもうおいとかれへんわい。ひまやるよってに
さっさとどこへなりといきなはれ。」と恐ろしい剣幕で怒鳴った。
方言全開だったので意味が良く分からなかったのが、ビッチはともかく荷物をまとめる暇もなく追い出されてしまった。
ビッチの旅は始まった。

91 :1:02/07/07 11:10 ID:OEDxZdCS
2:「白珍を探して」
2−1 とりあえずビッチは貧しい実家を訪れることにした。
 たどり着いてみると、懐かしい母が何かに取り付かれたかのようにミシン仕事をしているところであった。
「お母さん」たまらず飛びこうとすると、母は言った。
「どちらのおこもさんかえ?」 ビッチは焦点を結ばない母の目をいぶかしく思いながらも、「どうしたのお母さん、
私よ。ビッチです。あなたの娘の。」 「あー、おまいは山井さんとこの嫁かえ。うちの息子に色目使いよってか
らに!どうやって姑殺しよったんや!いね、いんでまえ!」 取り付く島もなかった。ビッチはすっかりボケてしまっ
た母をあきらめて家を出た。

 実家を頼れないとなると、思いつく知り合いと言うのはあのバーであったハゲの東洋人だけだった。
名は確か白珍(はくちん)と言っただろうか。あの男をたぶらかして、当面の生活をなんとかしよう。
ビッチは白珍を探すことにした。

92 :(*´ε`*)ちゅきちゅき:02/07/07 14:10 ID:OlqWyEBb
doki doki

93 :太宰治虫 ◆Osam3ZBE :02/07/07 14:29 ID:beXb9O/K
続けてください

94 :1:02/07/08 14:54 ID:8oWH35HZ
2-2
 しかし、ビッチは白珍の手がかりが何もないのに気づき、少し考えてしまった。
「そうだ、キャロラインさんに会いに行こう。」
ビッチは夜になるのを待って、かつての仕事場に向かった。もちろん、マスターに見つかるのはいやなので変装してだ。

 店の周りは警察と報道関係者と野次馬でいっぱいだった。
何が起こったかのか気になったが、店内にはとても入れそうになかった。仕方なしに、ビッチは野次馬の噂に耳を傾けた。
「ピアノ弾きの若い女が殺されたらしいぜ。」
「えっ、若い女?そりゃもったいない!」
「名前はキャロラインと言うらしい。演奏中に突然もがき苦しみだして死んだそうだ。既往歴もなくて死因は全く不明なんだと。」
「ふーん、おっかねぇなぁ。そういえば、この間の東洋人の陰茎切断殺人もこの店の関係者らしいな。」
「案外、その線かもな。あの東洋人がマフィアのメンバーでその復讐に…」
「いや、目撃証言では東洋人殺しの容疑者は小学生くらいの女の子らしいぜ。」
「へー、そんなガキにいったい何しようとしてたのかな?陰茎切られるなんてよ。」
「うーむ、さっぱり分からん…。」「俺もだ。」

 立ち聞きだけで十分だった。キャロラインさんは死んだらしい。
ビッチは途方にくれ、夜っぴき路地をさまようのであった。

95 :太宰治虫 ◆Osam3ZBE :02/07/09 01:55 ID:iLJEtaBQ
続けてください

96 :名無しサンプリング@48kHz:02/07/09 10:25 ID:V30NGGMb
>太宰治虫 ◆Osam3ZBE
せかすなよ(w
マターリ待とうや

97 :1:02/07/09 16:44 ID:sNPtxTr8
読んでくれるて人がいてうれしいです。

2-3 気がついたのは翌日の日中だった。郊外の田舎道で眠ってしまったようだ。
周りを見回すと、見るからに怪しい手品師風の中年男が塀に腰掛けながらランチをとっていた。
サンドイッチに胡椒をしきりに振りかけている。胡椒入れを持つ手が高すぎ、風向きで鼻にはいってしまうため
しきりにクシャミをしている。
なんて馬鹿な人なんだろう、とビッチが呆れていると、今度はこれ見よがしに胡椒入れを、人差し指をはじいて
砕きだしたのだ!
これにはさしものビッチも生きた心地がしなくなり、走って逃げることにした。
ところが男はなんと「座ったままの姿勢」で跳躍し、ビッチの前に着地した。
そしてこう切り出した。
「わしのところで修行をせんかね。」
「いやです。」
「でもいく所がないのだろう。仕方がないのでわしのところで修行をしていきなさい。」
ビッチは絶句した。そして、すばやく逃げることを諦め、修行をすることにした。
もはや修行の内容などどうでもよかった。どのみち、このイタリア人をなのる「奇人」といなければならないのだから。

98 :(*´ε`*)ちゅきちゅき:02/07/09 20:32 ID:xRFbo+Me
ツェッペリたん?!

99 :太宰治虫 ◆Osam3ZBE :02/07/09 23:04 ID:fqFLNe/K

      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
     /            )
    |    ノノ_ノノ_ノノノ
    |  / /  ヽ/ ヽ |
    |i⌒ ─|   ・ | ・  | |
    | ∂   \__人___/ |
    ||      っ  |   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    /  \         ノ  < 続けてください
   /WWW \   ⌒  /    \__________

100 :1:02/07/10 11:42 ID:TigDzU6T
2−4 ともかく修行は始まった。呼吸法の練習ばかりやらされた。なんでもこの呼吸法をマスターすれば
腕を伸ばしたり、ゾンビを一発で倒すことができるそうだ。Hamon Methodというらしい。
 胡散臭さと戦いながらもビッチは修行を続けた。ときに腹を殴られて「肺の中の空気を1cc残ら吐き出
せ」などと無茶なことも言われはしたが、忍耐強く続けた。

 そして4年後、ビッチはそのHamon Methodを完全に習得した。最後に礼儀として師の名前を聞こうと
したのだが、「いや、それは…、うん、まぁ…、ひっかかるからね…。」と弱々しく口ごもるだけであった。

 ビッチは12歳になっていた。爽やかな胸の膨らみの薫るその年齢で、数々の辛苦のあたえた人生の陰
影は否が応にもビッチに神秘的な美しさを与えた。 

101 :1:02/07/11 15:21 ID:7/39apF1
100Getした。

102 :太宰治虫 ◆Osam3ZBE :02/07/11 19:04 ID:2lYqVzfJ
                    ⌒
           ___     (    )
     ⌒    /,、,、,、,、,、,、 ヽ  ///
   (   =  l  w   l  |
     〜    ,l (・)∠   |_ |
        (  ⊂⊃ _  6)
      _ΤΖΖ\ )/ノ
   ∠ ̄/    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ヽ
    ヘ _ |__       ノ  |
    /ヽ  |  ̄ ̄ ̄ ̄     |
   |  7)~~ |―――――--―|
   `´`   ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
  | ̄lヽ  (_         _ ノ=ヽ
  |―| | ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    ヽ _))
  `− ´――――――――  ̄

  「ムウウ、オレさまの100をぉ〜!!」

103 :1:02/07/11 23:24 ID:7/39apF1
>>102
(w。ドラえもん関係にはノーガードなんだ。スレ展開もおいしすぎたな〜。

2-5 もはや聖女と形容する他ない老練を得たビッチは、自身のことに拘泥することなく、
化他の愛を施す人生を歩むことを決意した。
 だが同時に、白珍を求める心も純真であった。全くの独り身のこともあって、東方へ
足の向かうことは当然だった。

 フランスの港に降り立ったビッチは、これから「永遠に」続くことになる逡巡へすがすがしく
進み始めた。 


104 :名無しサンプリング@48kHz:02/07/12 01:10 ID:isysxyco
ああああllllllllっぁああぁああぁあぁあぁぁageたい!!!!!!!!
なんでみんなsageなんだああぁぁあぁぁlっぁぁl

105 :太宰治虫 ◆Osam3ZBE :02/07/12 11:47 ID:XEbj2NG3


 _____
/@@\
|三Å三|     ageたいの〜〜〜〜〜  
\_____/
6(---)o
 O-O



106 :名無しサンプリング@48kHz:02/07/12 14:36 ID:hvhdJF8V
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    /   ,∨∨∨∨∨
  /  /  /   \ |
  |  /   ,(・) (・) |
   (6      ⊂⊃ |
   |    ___l_,|   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   |     \__/ /  <  こんな良スレ上げちゃいけないと思うんです
 /|         /\   \________

107 :1:02/07/14 11:01 ID:WWblGGy3
2-6 ビッチは東に向かって昼夜を問わず、歩き続けた。Hamonを使っているせいか、
腹も減らないし、小便をしたいとも思わなかった。
通りを抜け、森を越えた。国境も黙って越えた。ただひたすらまっすぐに歩いた。

 ほとんど無念無想の状態を保って旅を続けてきたビッチであるが、陽光が明るくなり、
人々が陽気にラテンのアクセントで話しているのを聞いて、さすがにいぶかしさを感じざるを
得なかった。「ここはどこだろう。」

 潮が香ってきた時点でたまらない不安に襲われた。「まさか…」
ビッチは走り出していた。4年間の修行で手に入れたイングランド一と思われる健脚が
ビッチに誤りを気づかせるには数分で事足りた。「海だわ…」

 港の向こうには大きな島影がかすかに見えた。荷物の積み込みをしている船員風の男に
尋ねてみた。
 「ここはどこですか?」
 「ジブラルタルの港だよ。」
 「ということは向こうに見えるのが」
 「…そうさ、暗黒大陸だ。」 

108 :名無しサンプリング@48kHz:02/07/16 01:37 ID:T7kas6Bm
             /:::::::::::::::::::::::\
           /::::::::::::::::::::::::::::\
         /::::::::入 ̄\::/ ̄入:::::::::::\
        /::::::::/  \ |:| /  ヽ::::::::::::\
       /:::::::::| ヾ-=・=-| | -=・=-"|::::::::::::::\
       /::::::::─|      |      |─::::::::::::::ヽ
      /:::::::/    \__/ ̄ヽ___/    \:::::::::::l
    /:::::::/         ヾ__/         \::::::::::l
    l:::::/               |           ヽ::::::::::l
   l:::::/    ───       |    ───    \::::::::::l
   l:::::/    ___       |    ____    \::::::::l
  l:::::/     ___      人    ___      |:::::::l
  l::::|               /|   |\             |:::::::l
  l::::|             /  |   | \            |:::::::l
  l::::|           / |   |   |  |\           |::::::l
  l::::| (         /  |  |   |  |  \       )  |::::::l
   l:::|  \___/ |   |  |   |  |   |\___/   |::::::/
    \::\   \ |   |   |   |___|  |  |  |  /   |:::::/ <1はヴァカだね
     \::\   \   |  _/  \_ |  | /    /::::/
      \::\    \___/        \_/    /:::/
       \:::\                       /::/
        ⊂二二二二二二二二二◎二二二二二二二二つ

109 :太宰治虫 ◆Osam3ZBE :02/07/16 05:40 ID:+BzcRUoj
>>108
     /※\__
     |※_※| |※※ヽ
   二___ ̄\※|
  / -    ヽ\ 丶´   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 / (・)  (・) | |  < お兄ちゃんっ!
 |   o  ヽ   |  |  \_____
  |  ム      |  .|
  \_____/_/

110 :1:02/07/16 17:40 ID:B65wMkpW
3:「暗黒大陸をさまよう」

3−1 港の倉庫を借りて眠っていたはずのビッチだったが、気がつくと見渡す限りの荒野に立ち尽くしているのであった。
シマウマの群れがのんびりと草を食んでいる。死にかけた小象を3頭のハイエナが取り囲んでいる。

 さしものビッチもこれには驚いた。いつの間に海を越えてしまったのだろう。
考えても詮無きことである、必然が私をこの地に呼び寄せた。ビッチはそう考えた。

 ビッチは手近な木の枝を拾い、上に放り投げた。先端は南を指していた。

41 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)