5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ATX電源の低出力化

202 :電気博士:02/05/07 02:50 ID:???
>>201 (あんたぜんぜんバカじゃないぞ) の書いているのが、古典的
意味での力率だ。ただ、ちょっと注釈しなければいけないところがあ
る。

原理論では、需要家の負荷力率が悪くても、電力会社は余計に電気
を作る必要はない。正味ぶんでよい。だから、燃料代でゴルァとは
ならない。

しかし、その電力を運搬する送電線設備、変電所、柱上トランスなど
は、そうはいかない。パイプの太さは、有効電力のほかに無効電力
を運ぶだけのものを用意しておかねばならないのだ。これが、設備
投資が余計にかかる (100世帯ぶん用意したはずが80世帯で満杯に
なってしまう) という難点。

で、電線やトランスなどのパイプの太さに無効電力分の余裕がなく
なると、発熱する。この熱で、なるほど変電所の火災になることも
ありうるね。

火災にならないまでも、電力メーターより外側 (電力会社側) の電
線の発熱は、けっきょく発電機のエネルギーでまかなわれる。電線
が細いと、無効電力が有効電力に転換してしまうのじゃな。すると、
今度は発電所の燃料代もゴルァになる。

地球環境を考えたら、電源ユニットとしての効率は少し悪くても
PFCつき電源にしておいたほうがいいか? というのは、確かに一考の
価値はあろう。バランスシートを考えると、微妙なところではある
が。

94 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)