5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【GPL】ライセンス問題すれ【BSD】

1 :女子中学生 14さい ゆうこ ◆vgyJFQ7EcQ :02/11/11 20:52 ID:V7Lpyru+
先生!こういうすれ、ひとつぐらいあってもいいと思います。
GNU/Linux周辺のさまざまなライセンス問題についてのすれです。

952 :login:Penguin:03/12/08 00:23 ID:e0zaEKM1
>>949
>それは著作権じゃなくで、労働力だよね。
つまり、著作権で商売すること自体に翳りがあるってことね。

>でも、例えばゲームプログラマーなんてのは
>どんだけ売れるかで給料が決まった方がいいんじゃないかな?
ゲームはもともとGPLとかいう話が通用してこない分野なので、
ここで比較対象にしてもしかたないんじゃないかな。
話の中身には同意。

>>950
そうなんだけど、出発点のところが違うよという話に同意して
もらえないもんだからさ。全否定するつもりもないんだけど、
譲れない部分というものがあるわけで。

953 :login:Penguin:03/12/08 00:28 ID:nTmmeIKM
>>952
> >>949
> >それは著作権じゃなくで、労働力だよね。
> つまり、著作権で商売すること自体に翳りがあるってことね。
> >でも、例えばゲームプログラマーなんてのは
> >どんだけ売れるかで給料が決まった方がいいんじゃないかな?
> ゲームはもともとGPLとかいう話が通用してこない分野なので、
> ここで比較対象にしてもしかたないんじゃないかな。
> 話の中身には同意。

 ゲームの内容を考え出した訳じゃないのにリスクを背負うのは
矛盾してる。同意できませんね。



954 :login:Penguin:03/12/08 00:32 ID:e0zaEKM1
肝心の一言書きわすれてるがな。

>>950
独善的に見えたなら陳謝。

955 :login:Penguin:03/12/08 00:37 ID:e0zaEKM1
>>953
ケースバイケースだと思うけどなあ。

プログラミングがヘボくて売れないなんてケースもあるし、
デザイナ兼ってケースもあるし。もちろん、ただの雇われで
リスクは負えんというのはあると思うけれど、一方で売上に
比例したボーナスぐらいはあってもいいような気もするし。

それに、あくまで対照としての話であって、何が何でも、って
話でもないと思うよ。

956 :login:Penguin:03/12/08 00:54 ID:nTmmeIKM
>>955
> >>953
> ケースバイケースだと思うけどなあ。
> プログラミングがヘボくて売れないなんてケースもあるし、

 現場はまったく知らないけど難易度はかなり高い。
主観だけどコアな部分からとなるとOSを開発するより難しい
ですよ。要求するレベルがレベルだけにプログラマがヘボイ
から売れないというのは結構可哀想ですね。

> デザイナ兼ってケースもあるし。もちろん、ただの雇われで
> リスクは負えんというのはあると思うけれど、一方で売上に
> 比例したボーナスぐらいはあってもいいような気もするし。
> それに、あくまで対照としての話であって、何が何でも、って
> 話でもないと思うよ。

 噂やニュースからはそんな希望的な内容は最近は聞かれま
せんね。

957 :login:Penguin:03/12/08 01:04 ID:e0zaEKM1
>>956
> 噂やニュースからはそんな希望的な内容は最近は聞かれま
>せんね。

それもそうかもしれん。
知り合いでゲーム開発しとったやつが、デザインもしたし
一応ボーナスもらったみたいなことを言ってた、というのがベース
なんだけど、もう何年も前の話だし、一般論ともいいがたいし。

ライセンス問題と関係ないせいか、あんまり強い意見はもっとらん。
まあどうでもいいやってことでここはひとつ。

958 :login:Penguin:03/12/08 01:22 ID:nTmmeIKM
>>957
> >>956
> > 噂やニュースからはそんな希望的な内容は最近は聞かれま
> >せんね。
> それもそうかもしれん。
> 知り合いでゲーム開発しとったやつが、デザインもしたし
> 一応ボーナスもらったみたいなことを言ってた、というのがベース
> なんだけど、もう何年も前の話だし、一般論ともいいがたいし。
> ライセンス問題と関係ないせいか、あんまり強い意見はもっとらん。
> まあどうでもいいやってことでここはひとつ。

 何が言いたいかというと、GPLを採用しているプログラムをみてて
いつも思う事はこの部分だけやってりゃそりゃ楽しいだろうなって
事なのよ。他に遥かに難しい分野は存在するのにどうなんかなと。

959 :login:Penguin:03/12/08 01:52 ID:f8h0B0Xq
>>949
> でも、例えばゲームプログラマーなんてのは
> どんだけ売れるかで給料が決まった方がいいんじゃないかな?
> 世の中のためにもさ。

実際、ちょっと前まではそっちが主流だったと思うが。
俺は買い取りじゃなくてロイヤリティで稼いだし。
つまり完全に売り上げと比例した収入になる。

960 :login:Penguin:03/12/08 02:04 ID:f8h0B0Xq
>>945
> 現実はちゃんとおさえてるよ。

他人の話、しかも外国人の翻訳物を軽く噛るのが「現実はちゃんとおさえてる」ねえ・・・
ほんと認識が甘いっつーか、知らないのは幸せっつーか・・・

> ソフトウェアの分野にもよるが、同じ機能を提供する
> より安価なソフトウェアの開発が簡単な分野では、

ちゃんと例示してくれないと議論が成立しない。
君の脳内市場での話じゃないことを証明してくれい。

少なくとも俺がやってる仕事では、GPLで配布することで技術力のアピールになって
実際に有償サポートや受託開発に結び付いてるんだよ。

> これへの対処は、競業他社の追随をゆるさないほどの開発力を擁する、

GPLで原著作者であることを明示することは、
たとえそれが本当は技術的には大したことがなくても、
宣伝上、大きなプラスになる。


961 :login:Penguin:03/12/08 02:12 ID:f8h0B0Xq
>>940
> たとえば、OS部門でのマーケットシェアがどれだけ小さかろうと、
> パーソナルメディアは「超漢字」というソフトウェアに関して
> 独占企業である、という話になる。

じゃ、RedHatは「RedHat Linux」というソフトウェアに関して独占企業なのか?
実際、内容が同一のディストロなんて存在しないわけだが。
あと、ホンダは「シビック」という車に関して独占企業なのか?

もちろん商標の使用権としてはRedHatもホンダも独占的権利を持ってはいるがな。
で、そういう意味で独占だからといって何が言いたいんだ?
商標の独占的使用権と自由競争は矛盾するのか?
そんなバカな(藁

962 :login:Penguin:03/12/08 02:13 ID:nTmmeIKM
>>959
> >>949
> 実際、ちょっと前まではそっちが主流だったと思うが。

 知ってる範囲では半年くらい前から変化が出てきたと感じているが..


963 :login:Penguin:03/12/08 02:15 ID:kfcHUdh7
>>960
まあまあ、あまりトゲのある表現は控えましょうや。
知識こそ、共有すべきもんだとは思いません?
ソフトウェアなんかよりね。

ゲームプログラマーの例は適当だと思う。
例えば、現実的にはゲームは合作である。
ここではそういうゲームではなくて、
たった一人で作り上げたゲームの事を指している。
そんなゲームは現実的にはない。
でも、合作と言えども著作物の集合体にはかわらないような
気もするでしょ?

ソフトウェアと小説は同じか?
という議論をしないとこの話は進まないが、
同じだとすれば
小説家がロイヤリティーで収入を得る事には異論はないだろう。
ソフトウェアと小説ははたして同じなのか違うのか?
俺は著作物というくくりでたいていのものはまとめられると思う。
ソフトウェアも音楽も小説も絵画も。
社会システムはなかなかよくできている。

964 :login:Penguin:03/12/08 02:18 ID:kfcHUdh7
>>962
給料の話であれば、
たいていの職業が、能力給にシフトしているのが
最近の流れだと思う。
働いただけ支払われる。
作り出しただけ支払われる。
こうなったのは、国際競争に耐えられないからだろう。

965 :login:Penguin:03/12/08 02:21 ID:f8h0B0Xq
>>938
> そういう非効率な費用(別に>>929の商売を否定してるわけではない。自由競争
> が効率的という観点からいえば非効率というだけ)を消費者に転嫁できるのは、
> すでにソフトウェアが著作権によって独占力を保証されてる財だから。そうで
> ないなら、競業他社が同じものをもっと効率のよいチャネル(たとえばインター
> ネットからのダウンロード)での販売をはじめ、客をもっていかれておわり。

GPLは開発(改変)と流通(配布)に関する独占力の放棄なわけだが、
実際にはGPLにしたほうが流通コストを下げられる。

よって、君の主張を支える「消費者に転嫁できるのは、
すでにソフトウェアが著作権によって独占力を保証されてる財だから。」
は誤り。

どうも君の話は既に商用ライセンスを前提にしているように読めるのだが?

> それと、俺の言ってるのは別に「俺定義」でもなんでもない。
> 情報市場に関する権威であるところの Hal Varian 教授(カリフォルニ
> ア大学バークレイ校)の説明をそのままひっぱってきてるだけ。

文脈を無視した受け売りほど不様なものはない、と言っておこう。


966 :login:Penguin:03/12/08 02:30 ID:f8h0B0Xq
>>962
>  知ってる範囲では半年くらい前から変化が出てきたと感じているが..

半年か・・・
もうちょっと前からゲーム屋のリーマン化が進んでたと思う。


967 :login:Penguin:03/12/08 03:24 ID:nTmmeIKM
>>966
> >>962
> >  知ってる範囲では半年くらい前から変化が出てきたと感じているが..
> 半年か・・・
> もうちょっと前からゲーム屋のリーマン化が進んでたと思う。

 感じている理由はトップとしての意思表示が明確に打ち出された事かな..
プロジェクトの旗振りを一律やるなというなら純粋に技術力を評価して下
さいね。と勝手に思った。リスクをどれだけ負っているかによって意見が
分かれている事に気付いた。

 コソっと言うが儲けられない分野でいつまでもパッケージングコストかけ
るのは非効率だと思った。儲けたい分野と儲ける事ができる分野が変化
してるのにだだこねてもねぇ。みんなが困ってしまう。

968 :login:Penguin:03/12/08 10:54 ID:e0zaEKM1
どうもしつこいのにからんじまったようでw

>>961
>独占企業なのか?
はいそのとおりです。違うとでも?RedHat LinuxをMSが売ったり、
シビックをトヨタが売ったりしますか?著作権や商標という知的
財産権というのは独占を制度的に認めるしくみですよ。
その財(RedHat Linux)が他の財(Windows)と代替関係にあるという
のは、独占や自由競争とは別の概念。
正確な「独占」の定義が俗流のいいまわしとくい違うことはとっ
くに認めたはずだけど?俗流のいいまわしのまま、経済学ちっくな
言い回しをどれだけ操っても意味がないことも指摘済みだよね。

>>962
>実際にはGPLにしたほうが流通コストを下げられる。
は?本気で言ってるの?
GPLソフトウェアだろうと、プロプライエタリソフトウェア
だろうと同じ流通のさせかたをするならかかるコストは同じでしょ?
LinuxのCD-ROMを焼いたら50円かかるところが、Windowsの
CD-ROMを焼いたら5000円かかるなんてことはありえないでしょ?

>どうも君の話は既に商用ライセンスを前提にしているように読めるのだが?
そんなことはとくに言ってないけど?
パッケージ販売なんて非効率なやりかたで儲けをだそうと思うのなら、
プロプライエタリでないと結局だめだよねと言ってるだけ。

>文脈を無視した受け売りほど不様なものはない、と言っておこう。
あのお、もしもし?
自由競争に関する議論をはじめたのは私で、「流通コストがゼロでないから
限界費用もゼロでない」なんていいかげんな話を後からもちだしたのはそちら
さんなんですけど?

969 :login:Penguin:03/12/08 10:58 ID:e0zaEKM1
>>962 じゃなくて >>965 だった。

970 :login:Penguin:03/12/08 11:18 ID:nvKwsn7x
次スレ建ててまで続けたい?>all

971 :login:Penguin:03/12/08 11:24 ID:e0zaEKM1
>>970
ライセンス問題スレについてはあってもいいんじゃないかな。

今やってるネタに関してはすぐにでもやめたい気分。
ID:f8h0B0Xq が、無理矢理こっちが間違ってることにするのをやめて
くれればそれでいいんだけど。

すくなくとも次スレまで持ちこすことはしません。

972 :login:Penguin:03/12/08 11:47 ID:e0zaEKM1
>>965
>よって、君の主張を支える「消費者に転嫁できるのは、
>すでにソフトウェアが著作権によって独占力を保証されてる財だから。」
>は誤り。

理論では納得できないようだから、例をつかって説明しようか。

たとえば MS に Windows に関して独占力が与えられなかったと仮定する。
MSはWindowsを今と同じ値段で売ることができるか。
答え。できない。
秋葉原の路上で商売している人たちや、ny 等での交換を合法とした場合と同じ
だと思えばよい。

独占力が放棄されているRHLのFTP版を、製造コストをはるかに
こえた価格、たとえば8000円ぐらいで売って商売になるか。
ただし、その他のサポートなどは一切つけないものとする。話の
前提がかわってしまうから。
答え。ならない。
自分でダウンロードするなり、付録でつけてる雑誌を買ってくるなりする。

ではせめて、独占力なしでパッケージングや流通に関するコストをカバーできるか。
答え。きわめて望み薄。
高速、定額、常時接続が実現された今となっては、消費者における情報
取得そのものに関する(限界)費用はほとんどゼロ(手間だけの問題)となっており、
物理的運送手段による流通コストをわざわざ支払う動機がない。

結局、現状のように、パッケージでしか入手できないようにする(独占力行使)
か、ダウンロードによる購入が面倒であるか、あるいはパッケージそのものに
付加価値をつける(おまけが入ってるとか。でもおまけなしで流通させる
やつがでてくるね)などのいずれかの要因がなければ、パッケージ流通のコスト
を消費者に払ってもらうことはできない。

973 :login:Penguin:03/12/08 13:56 ID:nTmmeIKM
>>971
> >>970
> ID:f8h0B0Xq が、無理矢理こっちが間違ってることにするのをやめて
> くれればそれでいいんだけど。

はぁ?
無理矢理???f8h0B0Xqは普通の事を普通に言ってるだけでしょ。


974 :login:Penguin:03/12/08 14:21 ID:e0zaEKM1
普通にみえるけど、論理的にはまちがったことを言ってるんだよ。
それだけ。

975 :login:Penguin:03/12/08 14:21 ID:nTmmeIKM
>>972
本当に正しいと思うのなら実名出して主張してみたら?

976 :login:Penguin:03/12/08 14:22 ID:e0zaEKM1
やなこったw

977 :login:Penguin:03/12/08 14:37 ID:e0zaEKM1
なあ、何がなんでも否定しようとしてないか?

もういちどいうぞ。

俺はGPLソフトウェアを利用したビジネスが成立しないなんて言ってるんじゃない。

GPLソフトウェアそのものをパッケージ化して売る商売はしょせん先細りであ
ることと、現状の方式で流通コストがかかっているのは独占力行使による非効
率であって限界費用が0でないことの証拠ではない、という二つのことしか主
張してないんだ。

たとえば、>>960
>少なくとも俺がやってる仕事では、GPLで配布することで技術力のアピールになって
>実際に有償サポートや受託開発に結び付いてるんだよ。
なんて言ってるけど、俺は別にその事実がないなんて言ってない。
むしろ、このやりかたが正しいということを>>945の第四段落で遠回し
ながら肯定している。

GPLソフトそのもののパッケージ販売から直接利潤をあげてるのではなく、
関連サービスを売って儲けてるんでしょうよ。
反論にならない話や明白にまちがってる言明を何度くりかえされても、
それはまちがいだと指摘しつづける以外どうしようもない。
(説得をあきらめるという解もあるけどね)

978 :login:Penguin:03/12/08 14:42 ID:nTmmeIKM
>>976
> やなこったw
立派で正しい理論だと思ってんだろ?だったら堂々と発表すればいいじゃないか。

979 :login:Penguin:03/12/08 14:49 ID:e0zaEKM1
俺のアイデンティティをさらさなきゃ説明できないような話じゃないでしょ。

それに、まちがいだと思うのならどこがまちがいだか論理的に指摘
すれば済むこと。

自分が誰かも言えない、ほらまちがいだ、なんていうくだらないレトリック
につきあうつもりはないね。

980 :login:Penguin:03/12/08 14:55 ID:U63ZSRsM
ここまでのまとめ。
俺的定義による完全性を主張するA氏と、現実はその定義に
当てはまらず、ゆえに完全性も適用できないケースがあるという
その他の方々(1名以上)。
A氏は俺的定義から出てこないし、その他の方々は俺的定義に
興味を示さない。よって議論は噛み合わない。

フレームを止めるために。
A氏へ>自己満足はほとほどに。あなたがレスを付けなくても、
愚かしい人々がスレを危機的状況に追いやったりはしませんよ。
安心してね。
その他の方々へ>温かく見守ることも必要です。中途半端に
レスを付けるのは逆効果ですよ。そのうち彼の考察から重要な
何かが見出されるかも知れません。別スレへの誘導等、2chの
インフラを活用することも考えてみるといいですね。

981 :login:Penguin:03/12/08 14:57 ID:e0zaEKM1
ごめんね。
もうやめときまっさ。

982 :login:Penguin:03/12/08 15:27 ID:qUIKWBnM
次スレはいらんよな。

983 :login:Penguin:03/12/08 15:34 ID:QZpB/5Eo
次スレ

【GPL】ライセンス問題すれ 2【BSDL】
http://pc.2ch.net/test/read.cgi/linux/1070819470/

984 :login:Penguin:03/12/08 15:38 ID:nTmmeIKM
本当に正しいと思えば実名を出して発表すればいい。ちゃんと体系付けれ
るほどの内容があるかどうかも疑問ですね。差別的な感情を理論化する
為に表面的な言葉を適当に繋ぎ合わせているだけじゃないのかなと思い
ますね(正しいか正しくないか別にそう感じた)。
 ビートたけしみたいに実体験に基づいてちゃんと話さない限りは説得力
はない。

985 :login:Penguin:03/12/08 15:40 ID:e0zaEKM1
はいはい、そうですね。

986 :login:Penguin:03/12/08 15:42 ID:KypTRq9Z
nTmmeIKMもそうとう現場の鬱憤が溜まってるようだね。


987 :login:Penguin:03/12/08 15:48 ID:X/e7pOuJ
・現場をしらないやつに何がわかる
・信じてほしくば名をさらせ
・正しいかどうかなんてしらん

988 :login:Penguin:03/12/08 15:54 ID:9dGAhiU0
>>985
例の自由競争の定義とかわかりやすく説明してあるサイトどっかないですか?
いや、一般の認識とのギャップがおもしろいな、と思ったもんで。

989 :login:Penguin:03/12/08 16:29 ID:e0zaEKM1
やめるとはいったけれど、論争とは関係ない情報提供てことで許しておくんなさいまし。

>>988
日本語だとあまりきっちり議論したものはみつからない。
さがしても本の目次ばっか。
むしろミクロ経済学の入門書とかを見てもらったほうが早いかも。

http://osaka.eco.toyama-u.ac.jp/~osaka/01kogi/00micro102/01kanzennkyousou/
の「完全競争」「独占」の項目を見てもらうといいかな?

あと、
http://www2.nasicnet.com/~tell-g/zokumikuro27.html
あたりでは「独占企業」を「密接な代替財のない製品の唯一の販売者である企業のこと」と
している。
実はこのあとで Windows の「独占」の件がでてくるのだけど、これは例として微妙。

代替財があるケースに関する独占企業の行動、という文脈では「独占 代替財」で
ググればある程度論文がひっかかってくる模様。


990 :login:Penguin:03/12/08 17:04 ID:e0zaEKM1
情報の市場価格はゼロにちかづく、ということをHal Varianが言ってる論文の
要旨が日本語で書いてあるのをみつけたので補足しておく。
http://www.jkokuryo.com/literature/bs/review/varian_2.html


991 :961:03/12/08 17:21 ID:f8h0B0Xq
>>968
> シビックをトヨタが売ったりしますか?著作権や商標という知的
> 財産権というのは独占を制度的に認めるしくみですよ。

そんな事は俺も>>961で指摘していることだ。
で、君はホンダは直接「シビック」の商標権で儲けていると思ってるのか?
てっきり車や部品を売ってる会社だと思ってたよ(藁

ホンダが車名の商標権を売って儲けずに、車やその部品で儲けているのと同様、
GPLで商売してる会社は直接パッケージの商用ライセンスを売って儲けずに
商用サポートサービスや関連受託開発で儲けているんだよ。

それとも君は、ホンダがOEM製造/販売ライセンスの売買で儲けないのは
自動車産業として本来の姿ではないと言いたいのか?

> GPLソフトウェアだろうと、プロプライエタリソフトウェア
> だろうと同じ流通のさせかたをするならかかるコストは同じでしょ?

だから同じ流通のさせかたにならないという話をしているのだが。


992 :login:Penguin:03/12/08 17:38 ID:e0zaEKM1
君もまだあきらめてなかったのね。

>>991
>で、君はホンダは直接「シビック」の商標権で儲けていると思ってるのか?

あげあしとりがおじょうずなことで。こりゃ一本とられましたなw

で、ホンダがシビックの販売権を独占しているという状況には何か変化がありますので?
OEMや販売ライセンスのコントロール権がホンダ以外にあったりするんですか?
ホンダだけがシビックを売る権利をきちんと保証するために、商標権のみなら
ず、著作権でデザインや設計を守ったり、特許で方式を守ったり、営業上の秘
密が知的財産権として保護されていたりするんだと思っていたんですが、違う
ということですか?

>GPLで商売してる会社は直接パッケージの商用ライセンスを売って儲けずに

パッケージを売るというだけでは結局商売にならない、サポートなどで稼ぐ土
台として、固定費用ゼロのソフトウェアとしてGPLなソフトウェアを使うのが
効率がよい、という、結論のまったく同じ話をしてるんですがね。
どうして伝わりませんかね。どうせ私の書き方がわるいんでしょうよ、ええ。

>だから同じ流通のさせかたにならないという話をしているのだが。

同じ流通手段にならないのはあくまで結果であって、プロプライエタリだからパッケージ
にしないといけないとか、GPLだからそうではないということが前もって決まってる
わけじゃない。
同じにならない理由は延々と説明しているとおり独占力。

993 :961:03/12/08 17:44 ID:f8h0B0Xq
>>990
そのリンク先にあるのはinformation processing systemに関する議論というよりも、
informationそのものに関するものだ。
よってここでの議論とは文脈が異なる。

ちなみに君の議論は販売ビジネスの「タスク」について、狭く捉えすぎていると思う。
ソフトウェア産業が提供するのは、パッケージ自体よりもむしろソリューションだ。
つまり、パッケージがもたらすユーザにとってのソリューションを提供することだ。
車でも同じ事が言える。
ホンダが直接販売しているのは車でありその部品なわけだが、
実は最終的なタスクはソリューションの提供だ。
通勤/通学の足であったり、スポーツドライビングだったり、家族旅行だったり。
実際、ホンダ等の自動車会社はそれぞれの「ソリューション」に応じて
色々な車種を提供しているし、CMなどでそのイメージ作りを重視している。

ホンダにとってはそのソリューションを提供する手段が車の製造/販売であるのに対し、
GPLソフトウェアを作っている会社も、商用サポートや関連する受託開発で
ソリューションを提供しているにすぎない。
君の議論が噛み合わないのは、君がソリューション提供手段をライセンス販売に
限定しているからだと思う。


994 :login:Penguin:03/12/08 17:50 ID:e0zaEKM1
>>993
あのね。何度も言ってるとおり、もとの話題は「GPLソフトのパッケージ販売単体
ではもうからない」であって、私はその理由を説明してるだけなわけよ。

それに対する反論がどうして「いや、サポートで儲ける方法がある」になるわけ?
そんなところ、初めから反対してないし、むしろそういう方向性がさらに拡大
していくだろうという話をしてるんだけれども。

車の話は、それこそ「独占」という一般的概念に関する例であって、ソフトウェア
市場を説明する例じゃないでしょうよ。なんだってそうやって、こっちが主張すら
してない話をもちだしては「反論」するわけ?

995 :961:03/12/08 18:01 ID:f8h0B0Xq
>>992
> ホンダだけがシビックを売る権利をきちんと保証するために、商標権のみなら
> ず、著作権でデザインや設計を守ったり、特許で方式を守ったり、営業上の秘
> 密が知的財産権として保護されていたりするんだと思っていたんですが、違う
> ということですか?

営業上の秘密を守る知的財産権とは具体的に何だ?
君が>>990で示した文書にも、情報そのものを守るための知的財産権の限界
について記述されているようだが?

> パッケージを売るというだけでは結局商売にならない、サポートなどで稼ぐ土
> 台として、固定費用ゼロのソフトウェアとしてGPLなソフトウェアを使うのが
> 効率がよい、という、結論のまったく同じ話をしてるんですがね。

GPLソフトウェアを開発している企業も著作権で儲けていることに変わりない、
というのが俺の主張。君はそれはできないと言っている。

> 同じにならない理由は延々と説明しているとおり独占力。

GPLソフトウェアにも強力な独占力が働いているぞ。
他者が"ソースを隠して"販売することを禁止しているのが最たる例。
原著作者はその独占力を利用してサービス提供の機会を得ることができる。
もちろん他者もサービス提供の機会を得るが、
原著作者はかなり有利な地位で競争を進めることができる。

996 :login:Penguin:03/12/08 18:06 ID:e0zaEKM1
>>993
ビジネスのタスクが結局はソリューション提供にある、という話については同意。
そりゃそうだ。

そのソリューション提供の方法として、パッケージ販売のみというやりかたは
プロプライエタリな製品ならば(流通コストも含めて)商売として成立するよう
な価格設定が可能だが、GPLな製品ではそうはいかない。価格競争の結果、利
益が出ないところまで簡単にいってしまう。サポートや個別のシステム設計
まで含むようなソリューション提供でないと、商売として成立しない。
これが消極的な側面。この分析に効いてくるのが「限界費用ゼロ」という特徴。

積極的な面をみると、まさにあなたのいうような最終的なタスクとしてのソリュ
ーション提供をしようとした場合に、差別化のしにくい共通的なソフトウェア
部分については他の企業やユーザと協力することでコストをおさえ、差別化の
しやすいサポートや受託開発に技術力をふりむけるようにすることで、より
効果的なビジネスを行うことができる。

自動車みたいな、設計にも生産にもそれぞれ大きなコストを要する産業は、コ
モディティ化の速度という観点からみてソフトウェア産業とは違う性質がある。
そことの類推で話をするのは危険というしかない。トータルなソリューションを
提供してる、とかいう、個別の部分では同じところも多いんだけどね。


997 :login:Penguin:03/12/08 18:14 ID:e0zaEKM1
もー。あーいえばこーいうんだから。やってらんねー。

>>995
>営業上の秘密を守る知的財産権とは具体的に何だ?
あのー、「知的財産権」の中に「営業秘密」というのは含まれるんですが。
知的財産基本法でも読んでいただけません?
具体的には生産のノウハウなんかが該当しますね。ラーメンのスープの材料なんかも該当するかな。
保護には限界があるのはそれはあたりまえの話。

>GPLソフトウェアを開発している企業も著作権で儲けていることに変わりない、
>というのが俺の主張。君はそれはできないと言っている。
そんなこと言ってねーてばよ。何を勝手に曲解してんのよ。

>GPLソフトウェアにも強力な独占力が働いているぞ。
>他者が"ソースを隠して"販売することを禁止しているのが最たる例。
今の文脈では「流通コストを消費者に転嫁するために使われる独占力」って話でしょ。
人に文脈のことをさんざん言っときながら、自分でどんどん話をかえるの止めてくれない?

998 :961:03/12/08 18:18 ID:f8h0B0Xq
>>994
> あのね。何度も言ってるとおり、もとの話題は「GPLソフトのパッケージ販売単体
> ではもうからない」であって、私はその理由を説明してるだけなわけよ。

違うよ。
元の話題は「GPLにしてしまうと、著作権で儲けられない」ということ。

で、君との議論は流通コストがほぼゼロになるかどうかという点なわけだが、
君はゼロになると言い、俺は到底ゼロにはならないと言っている。
なぜなら、ネットでバラ撒くにしろ、サーバの維持、ネットワーク帯域の確保、
ライセンスの管理(ライセンスの発行、認証等)にも当然コストがかかるからだ。

GPL等のフリーなライセンスにして、そこら中のサーバにミラーされるようになれば
サーバの維持も、ネットワーク帯域の確保も、ほとんどが他人持ちのコストになる。
これは非常に大きな武器だよ。
Linuxディストリビューションが世界中のサーバにミラーされていることを考えて、
それらを全てディストリビュータが負担する状況を考えれば、GPLにすることで
どれだけの流通上の恩恵を受けているか、計り知れないよ。

999 :login:Penguin:03/12/08 18:31 ID:nvKwsn7x
次の会場は↓ですよ。

【GPL】ライセンス問題すれ 2【BSDL】
http://pc.2ch.net/test/read.cgi/linux/1070819470/

1000 :login:Penguin:03/12/08 18:31 ID:nvKwsn7x
1000!

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

322 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)