5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

今夜も Wine で乾杯! - 2本目

1 :login:Penguin:03/03/19 09:22 ID:0pJWUMXi
Linux(UNIX系OS)で、Windowsのアプリを動作させる
Wine(WINdows Emulator)に関する情報交換スレ。
パッチをうpするときは、gzやbz2で圧縮した上でbase64などで
エンコードしてください。おながいします。
動作報告は>>2のテンプレ使用を推奨。

前スレ:
ウィンドウズエミュレータ、Wineは今!?
http://pc.2ch.net/test/read.cgi/linux/1006737887/ (dat墜ち)

WINE本家
http://www.winehq.com/

動作報告WIKIなど
http://www.2chlinux.org/pukiwiki.php
#前スレの動作報告のまとめあり

動作報告は>>2のテンプレ使用を推奨。


557 :login:Penguin:03/06/25 16:48 ID:AQJSQVP6
たまたま新しい環境にwine+winnyをインストールする機会があったので、
初心者向けにSTEP-BY-STEPでやることをまとめておくね。環境はredhat9。


1.本体のダウンロード

http://www.ibiblio.org/pub/Linux/ALPHA/wine/development/Wine-2003-5-8.tar.gz
をダウンロード
cd ~
gzip -d Wine-20030508.tar.gz
tar -xvf Wine-20030508.tar

2.XIMパッチのダウンロード

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Sunnyvale/9821/log/wine_01.html
の923-930を結合してwine-atokx.patch.bz2.txtとして保存。(windows上で結合する時は改行がLFになるように注意すること)
cd ~
uudecode wine-atokx.patch.bz2.txt
bzip2 -d wine-atokx.patch.bz2

3.パッチあて

cd ~/wine-20030508
patch -p1 <../wine-atokx.patch
途中x11drv.hのパスが見つからないと出てくるのでdlls/x11drv/x11drv.hを指定


558 :login:Penguin:03/06/25 16:49 ID:AQJSQVP6
4.ビルド

./configure --with-nptl
make depend
make

suでrootに。
export LD_LIBRARY_PATH=$LD_LIBRARY_PATH:/usr/local/lib
make install
exitでrootから抜ける。



559 :login:Penguin:03/06/25 16:49 ID:AQJSQVP6
5. wineの環境設定

cd ~
mkdir .wine
cp wine-20030508/documentation/samples/config .wine/

suでrootに。
mkdir /c
chmod 777 /c
exitでrootから抜ける。

mkdir /c/windows
mkdir /c/windows/system
mkdir /c/windows/fonts

export LD_LIBRARY_PATH=$LD_LIBRARY_PATH:/usr/local/lib
wine

これでwineが起動することを確認。(exeを指定していないからすぐに終了する)
毎回指定するのが面倒ならLD_LIBRARY_PATH=$LD_LIBRARY_PATH:/usr/local/libは.bashrcなどの最後に追加しておく。



560 :login:Penguin:03/06/25 16:49 ID:AQJSQVP6
6. winnyのインストール

mkdir ~/winny
~/winnyの下にwinny.exe等をコピー

c:\windows\system32から/c/windows/systemにmsvcp60.dll、oleacc.dll、oleaccrc.dll、comctl32.dll、comdlg32.dll、commdlg.dll、
をコピー

~/.wine/configの末尾に以下を追加

    ;[AppDefaults\\pickygame.exe\\dsound]
    ;"EmulDriver" = "N"
追加  [AppDefaults\\winny.exe\\DllOverrides]
追加  "oleacc" = "native"
追加  "comctl32" = "native"
    # [/wineconf]

wine winny
でwinyが起動することを確認。


561 :login:Penguin:03/06/25 16:49 ID:AQJSQVP6
いじょ。

562 :login:Penguin:03/06/25 17:02 ID:AQJSQVP6
8.補足

wineから日本語ファイル名を正しく使うため

    [Drive F]
    "Path" = "${HOME}"
    "Type" = "network"
    "Label" = "Home"
    "Filesystem" = "win95"
追加  "CodePage" = "20932"
    [wine]

winnyの「ファイル検索」でかな漢を正しく動作させるため。(overthespotでも動かないことはないが
変換内容が見えないので。)

    [InputMethod]
    ; Use XIM Input Method
    "UseXIM" = "Y"
    ; XIM Input Style : "overthespot" or "offthespot" or "root" (default).
変更前 "InputStyle" = "overthespot"
変更後 "InputStyle" = "root"
    "XIMFontSet" = "-misc-fixed-medium-r-normal--14-*-*-*-*-*"


563 :login:Penguin:03/06/25 17:06 ID:AQJSQVP6
9.補足2

上記の設定だとlinux上の~/がwinny上のF:\に見えるので、winnyのcacheやdown等の
ディレクトリはwinny上でF:\winny\cache、F:\winny\down等と指定する。他の場所に
作りたければconfigの[Drive F]の要領で他のドライブを追加すればよい。その時
"CodePage"の指定も忘れないこと。

228 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)